ガラスコーティングは長所が多いです。

ガラスコーティングとは、数十ミクロンという薄いガラスの塗膜で床をおおって守る方式の事です。ナノコンポジットという技術を用います。1ナノメートルは100万分の1ミリで、つまり10億分の1メートルですが、つまりそれだけの小さな粒をコンポジット(混合)させ、性質を新しく高めたという意味です。ウレタン、シリコン、UVといった有機系と異なり、液体ガラスという無機系の化合物ですから、より安全です。

そしてガラスコーティングの一番の特徴は、なんといっても、とても硬いことです。床で家具を引っ張ってしまったりペットが爪を研いだりして、どうしても床にキズがついてしまうものですが、ガラスコーティングをしていると跡やキズがつきません。また、通気性にすぐれていますし酸化しないですので、紫外線を防ぎUVカットの力もありますし、膨張にも強いです。また構造上、内部に異物が混入することがなくきれいです。

耐水性、床暖房、ペットの粗相など、他の素材にある特徴もどれも備えていますので、とてもメリットの多い方式と言えます。他の素材は光沢、ツヤがそもそも決まっていますが、ガラスコーティングの場合はそれを選ぶこともできます。元々の床の色などから最も合うものを使うことができますから、たいへん効果的です。フロアコーティングは業者ごとに得意なコーティング方法や専門に扱っているメーカーなどがありますから、業者のサイトなどで比較をして、ガラスコーティングを多く手掛けているところを探し、また、そこで紹介している実際の施工例の写真などから、自分の家に合うものを見つけていくといいです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です