ガラスコーティングの良さとデメリット

フロアコーティングには、様々な種類があります。その一つのガラスコーティングについて説明していきます。ガラスコーティングはフローリングに非常に硬い膜を形成するコーティング剤です。このコーティング剤の良いところの一つは、傷がつきにくいということです。

硬度を表す数値は9Hです。この数値は大きければ大きいほど硬いということを示しています。また、フローリングの劣化を防ぐという面でも非常に優れています。UVカットがあるために劣化の原因となる紫外線をカットします。

また水溶性のMAXとは異なり、水に強いという特徴もあります。そのために汚れたとしても洗剤や水で簡単に掃除できるというメリットがあります。光沢にも優れていて、見た目にも非常にキレイに映ります。そして何よりもこのコーティング剤の言うところは耐久性があるということです。

水溶性ワックスの場合には半年から1年ほどしか持ちませんが、ガラスコーティングの場合は20年以上も耐久性があります。そのように良いことずくめのガラスコーティングですか。しかしデメリットも様々あります。その一つは強いショックを受けるならばひび割れを起こしてしまうことがあることです。

皮膜を薄く伸ばしているためにちょっとした衝撃でそうなってしまうことがあります。また、樹脂ワックスの上に重ね塗りを行なうことができません。そのため樹脂ワックスを塗っている場合には一度剥離をする必要があります。しかしガラスコーティングはメリットが非常に大きくこれを利用する人が最近増えています。

使用するかどうか検討するだけの価値があります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です